スポンサーサイト

  • 2015.06.20 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    ぺんぎんCINEMA<クリープショー>

    • 2009.05.24 Sunday
    • 23:07
    木曜、金曜日、大阪はすごく暑かった。

    夏は・・・嫌いじゃないんだけど、
    気温が高くなってくると、
    時々、恐ろしい事態が発生します(大汗)

    では、金曜のぺんさんの悲劇を、
    ハチクロのメンバーで再現してもらおうね。

    「う・・・、うわああああぁ!! でたぁーーっ!!
    ヤ、ヤ、ヤ、ヤツがっっ、ホームステイが出たーーっっ」

    「ホ・・・、ホームステイ!?」
    「ホームステ・・・。あ、ひょっとして・・・!」
    ホームステイだよッ!!
    ホラ・・・あの長い銅線上の”モノ”自慢気に頭部にチラつかせたっっ。
    食べ残しと水分が大好きで夜中になると現れる!!」
    「ああっっっ、もしかしてそれって、―(モガ!)」
    わああああ!!バカ、皆まで言うな!!
    その名を出したらコロす!!
    「自分で退治してくださいよ!」
    「イヤだっっ、後生だよっっ、一生のお願いだからっっ
    ほほほ報酬なら払う!金ならホラ!」
    「ああ、揺れるっっ!今は月末、金は無し!!」
    「でも絶対にイヤーーー!!」
    「き・・・貴様それでも友達かぁぁぁぁぁ!!
    ううう裏切り者ーー!!
    覚えてろよ!?
    貴様の部屋にも今度大量の交換留学生を送ってやる〜〜〜!!」
    「ええ!?何でそうなるんだ!!
    ってゆーか、何がホームステイだ!?
    今すぐ、世界中のホームステイさんと交換留学生さんに
    心から謝罪しろーー!!」

    (出演:森田忍、竹本裕太、真山巧 『ハチミツとクローバー』)


    というわけで、
    皆まで言えない、イニシャルGに、
    心底震え上がる、ぺん吉。

    本当に、本当に、あれだけは・・・(号泣)

    愛しい人よ。
    もしも、あなたが、
    猫になったり、犬になったりしても、
    今までと変わらず愛していくよ。
    吸血鬼になったら、いくらでも血を吸っていい。
    冷蔵庫や洗濯機になっちゃったら、ずっと大切にする。


    だけど。だけどさ。

    になったら、
    どうしても愛せないよ。
    ごめーーーーーん!!

    ・・・っていうくらい、苦手です。
    (あ。やっぱ、カマドウマも、だめだ。笑。
    重ね重ね、ごめん)

    えーと。
    前フリが長くなったけど、
    今日は、あたしが今まで観た何千という映画の中で、
    「一番怖かった映画」
    を紹介します。



    「クリープショー」
    (CREEPSHOW)

    監督:ジョージ・A・ロメロ
    製作 リチャード・P・ルビンスタイン
    脚本:スティーヴン・キング
    撮影:マイケル・ゴーニック
    音楽:ジョン・ハリソン
    特殊メイク:トム・サビーニ
    出演 :
    E・G・マーシャル
    テッド・ダンソン
    レスリー・ニールセン
    トム・アトキンス
    ハル・ホルブルック
    エイドリアン・バーボー
    スティーブン・キング
    エド・ハリス

    ★あらすじ★

    プロローグ。
    ビリーは大のホラー好き少年。
    しかし理解のない彼の父親は、お気に入りのホラーコミックブック「クリープショー」を勝手に捨ててしまう。怒ったビリーは父親を呪い殺そうと雑誌の通販でブードゥー教の呪いのワラ人形を購入し・・・。
    捨てられた雑誌が風にめくれるたび、コミックのストーリーに沿って、5つの物語が展開する。

    第1話『父の日』("FATHER'S DAY")
    父の日に親戚一同が会することになり、皆はべドリアおばさんを待っていた。ベドリアは、因業な父親ネイトに、日々口汚く罵られ続け、ついに7年前の父の日に、父親を殴り殺した過去をもつ。
    毎年、彼女はこの日に父親の墓を訪れていたのだが…。

    第2話『ジョディ・ベリルの孤独な死』("THE LONESOME DEATH OF THE JORDY VERRILL")
    農夫ジョディ・ベリルの家に一つの隕石が落下してきた。話題の主になれると期待したジョディ。隕石を拾おうとして、まだ熱い石にさわった彼は火傷をし、冷やそうと隕石に水をかけるとそれは、まっぷたつに割れた。隕石に触れた彼の指には緑のコケのような物質が?!それは次第に彼の体と周囲を覆っていき…。

    第3話『迫りくる潮流』("SOMETHING TO TIDE YOU OVER")
    自分の所有物に対して変質的な執着を持つ男リチャードは不貞を働いた妻ベッキーと、その愛人ハリーをどうしても許すことができず、彼らを脅して砂浜へと連れていく。そこで行われた恐ろしい復讐とは…?

    第4話『木箱』("THE CRATE")
    大学の用務員が偶然見つけた古い木箱。その中には人肉を食らうおぞましい怪物が。次々と、引きずり込まれていく人々。悪妻に悩む大学教授ヘンリーは、その怪物で妻を殺害することを思いつく。

    第5話『這い寄るやつら』("THEY'RE CREEPING UP ON YOU!")
    短気で傲慢な会社社長アプソン・プラット。嫌われ者の彼は、極端なまでの潔癖症で大のゴキブリ嫌い。ある日、無菌室のように清潔なはずの彼の部屋に、ゴキブリが発生しはじめた。駆除に余念のない彼だったが、停電で閉じ込められた部屋に大量のゴキブリが…!?

    そして、再び、ビリーが登場する恐怖のエピローグ・・・。


    「ホラーの巨匠」スティーブン・キング
    「マスター・オブ・ホラー」ジョージ・A・ロメロ
    が組んだことで話題になった、
    5話からなるコミック仕立てのオムニバス・ホラー映画

    あたしは、ホラー映画はあまり好きではないけど、
    キングの小説が大好きだから、
    映像化作品はやっぱり、観たくなる。

    映画を手がけた監督も、
    この『クリープショー』ジョージ・A・ロメロ
    『シャイニング』スタンリー・キューブリック
    『キャリー』ブライアン・デ・パルマ
    『デッド・ゾーン』デヴィッド・クローネンバーグ
    と、映画ファンなら、観たいと思う個性的な人ばかりだし。

    この『クリープショー』自体は、
    ホラー映画として、それほど出来の良い・・・つまりは怖い映画ではない。

    というのは、
    映画のコンセプトが、
    「キングやロメロが少年時代に、
    親から隠れるように読みふけっていたホラー・パルプ・コミック
    映像と音楽で、現代に甦らせる」

    というもので、ある種のチープ感も含めて、
    ホラーコミックの漫画的表現やキッチュな魅力を
    「恐怖」の追及以上に優先しているからだ。
    (アイデアの基になったのは、
    1950年代にアメリカで発行されていた『ECコミック』

    それでも、なお、この映画が、
    ぺんぎん人生の中で、最も怖かった映画なのは・・・
    もちろん、第5話のせいだっ!
    の熱演(?)に心臓麻痺寸前

    だってさー。
    悪魔や、心霊現象や、妖怪や宇宙人や架空の生物なら、
    「現実にはいねーよ!そんなの」
    で、心に蓋をすることができるし、
    蘇った死者や突然変異のクリーチャーの類なら、
    ゲーム「バイオハザード」じゃないけど、
    いざとなったら、銃器や火器で、
    「意地でも闘うぜっ!」
    という闘争心に転化することができるけど、
    生理的嫌悪感っていうのは、どうしても払拭するのが、難しいんだもん。

    「密室に大量のGと一緒に閉じ込められる」
    って思いつく限りで、一番嫌な死に方だなあ・・・(泣)


    あー。
    思い出しただけで、背筋が寒いよう。

    ちなみに、
    この映画にも、様々なトリビア(雑学的な事柄や豆知識)がある。

    ・第2話では、スティーブン・キング自らが主演。
    ・プロローグ、エピロークのビリー役はキングの息子。
    ・エピローグに登場するゴミ収集人のひとりは、
     特殊メイクのトム・サビーニ。
    ・映画のオリジナル・ポスターで、
     ビリーの部屋に飾られている3枚のポスターは、
     「ゾンビ」「シャイニング」「キャリー」


    なんかが、そうだけど、
    あたしが、一番気になるのは、
    第5話の、数万匹エキストラGさんたちを、
    スタッフがどうやって、調達したかだよー。

    所属事務所とかあるのかっ!?(爆)

    スポンサーサイト

    • 2015.06.20 Saturday
    • 23:07
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      昨日はおかげさまで、よい出逢いに恵まれました。ありがとうございました。
      書店の一角に、立ち読み以外で一時間以上もいたのは、初めてでした。


      こんなところで、ハチクロの彼らに会えるとは‥。にまにま。

      ホラー苦手なので、コメントはこれだけにさせてもらいますね。

      1月下旬の極上のうなぎの画像いっぱいの日のブログにコメント書いたんですが、接続困難と出たため繰り返して送信したところ、どうも重複したおそれがありまして‥。
      もしそうなら、削除をお願いします。すみません。
      • Horn
      • 2009/05/25 10:41 AM
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << November 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM