スポンサーサイト

  • 2015.06.20 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    南極立ぺんぎん小学校遠足日記<神戸編 2>

    • 2012.12.11 Tuesday
    • 23:54
    神戸遠足の続き。

    再度山荘(ふたたびさんそう)でのランチは終わったけど、
    遠足はまだまだこれから。

    また山を少し歩いて、JR元町駅まで送ってもらった一行は、
    さらに歩いて神戸元町中華街へ。

    あれだけヴォリューミーなスペアリブのランチを食べた後にもかかわらず、
    ここから、おやつタイムに突入。
    今回のメンツは、みんなかなりの食の強者である。

    ゆっくりのんびりのランチだったから、もう夕方に近い時間だけどね。

    元町の中華街は、横浜の中華街よりは、
    こじんまりしてるが、
    それでも、たくさんの中国料理店と中国雑貨やお土産の店が立ち並ぶ、
    人気スポット。
    観光客向けに多くの店では、
    店先に屋台をしつらえて、
    軽食を食べ歩けるようになってる。

    それを好きに食べ歩こうが、遠足のお楽しみ第二弾。
    みんなは、ふかひれラーメンとか、マンゴーとか、いろいろ食べてた(笑)

    あたしは、久しぶりの御馳走に胃がびっくりして(?)
    おやつは食べられず、お土産を物色。


    まずは定番。
    老祥記豚まん
    ちっちゃくて、肉汁したたる、シンプルだけど、妙に旨い豚まん。
    中の餡も、豚肉と玉ネギを醤油で味付けたもので、あっさり。
    皮はもっちり、しっかりタイプで、
    蓬莱(551)の豚まんみたいに、
    皮がふっかふかタイプが好きな人には少し物足りないかもしれないけど、
    あたしは好き。
    家族へのお土産に12個購入。

    うれしかったのは、コレ。


    ハムスイコー(咸水角)
    1軒だけ、屋台で売ってる店があった。

    中華ピロシキとも中華風揚げ餅とも呼ばれる食べもので、
    胡麻団子にも使う白玉粉と浮き粉でできたお餅に、
    豚肉、椎茸、筍などが入った中華餡(包子の具と似たような味つけ)
    を包んで揚げた点心。
    ほんのり甘みのあるお餅と、中華餡の組み合わせがいいんだよにゃあ。
    揚げてあるから香ばしいし。

    シンガポールのウエスティンホテルの広東料理店の飲茶で、
    初めて食べて以来、大好物に。

    点心の種類が多い店でないとメニューにないから、
    たまにしか食べられない。
    横浜中華街の萬珍樓點心舗のは、
    かなり好きな味だったな。

    すぐ食べたかったけど、どうしてもお腹に入らなかったから、
    家であたためて食べた。
    今回買ったのは、五香粉とカレー粉が入って、
    ちょっとスパイシーで、
    イメージとはちょっと違ったけど、なかなか。

    おやつタイム終了後は、
    センター街でショッピングしたりしながら、
    三ノ宮方面へ。

    ただの帰路ではなく、もう一箇所、目的地があるのだ。

    次のターゲットは・・・

    『天然たいやき!鳴門鯛焼本舗』

    ま、まだ食べものを・・・と呆れかえる読者の姿が見えた(笑)

    だーかーらー、会社の友達は、
    ほんと、勇者なんだってばよ。

    実は、この遠足の計画を練ってるときに、
    家族思いのセンター長(というあだ名の同僚。上司ではない。笑)が、
    あべのルシアスにある鳴門鯛焼本舗のたいやきを
    奥さんと娘さんのために買って帰ったというのを聴いて、
    みんな、「食べたい!」と言いだし、
    大阪にも何箇所か店舗あるけど、
    三ノ宮店なら、遠足のとき行けるよね、という話になったのだ。

    このお店が有名になったのは、
    天然の鯛焼き」
    を前面に出したのが大きいと思う。

    ここの鯛焼きをお土産にすると、
    鯛焼きにも、
    天然養殖があるって知ってる?」

    という蘊蓄を語ることができる。

    あたしも買ったから、語らせてもらうと、
    養殖は、数匹一緒に焼ける大きな焼き型で焼いたもの。
    天然は、昔ながらの一丁焼きで作ったもの。
    なんだそうだ。

    業界用語なのか、ファン用語なのかはわからないけど、
    この違いを大きくクローズアップして店の売りにしたのが大成功。

    北海道産の小豆を使った黒あん(粒あん)と、
    サツマイモ(鳴門金時)を使った鳴門金時あん
    の2種類。


    これが、天然の鯛焼きだっ!

    何人かはその場で、かりかりのあつあつ、尻尾まであんこ、を食して、
    あたしは、家族へのお土産に金時あんのを3匹購入。

    持ち帰りの時は、
    少し水に濡らして、トースターで焼くといいと書いてあったから、
    家に帰って試したら、
    表面がかりっとして、できたてにかなり近い感じになったよ。

    あー。ほんと楽しかった、遠足。

    スポンサーサイト

    • 2015.06.20 Saturday
    • 23:54
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << December 2018 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM