スポンサーサイト

  • 2015.06.20 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    禁煙日記<6月30日 心折れる日々>

    • 2011.06.30 Thursday
    • 23:24
    ばっきり心折れた・・・。

    あんなに頑張ったのになあ・・・。

    23日間続いた禁煙は、とうとう挫折。

    研修が始まり、毎日ガチで8時間お勉強。
    ついつい、同期のメンバーと喫煙室に行ってしまい、
    休憩時間に一服する習慣がついてしまった。

    前のペースに比べたら、
    本数は少ないし、
    決まった時間にしか吸わないから、
    完全に、
    「元の木阿弥」
    ってわけないんだけど、
    かなり落ち込んでる。

    ほんとはね、もうすっかりニコチン中毒から、
    解放されたような気分になってたし、
    最初の一本を吸ったとき、
    正直、おいしいとは全く思わなくて、
    「ああ、大丈夫、またすぐ禁煙生活に戻れる」
    ってタカくくってた。
    1本くらい、平気って。

    でも、習慣依存ってほんとに怖い。

    身体がそれほどは必要としてなくても、
    しんどい仕事の区切りに、一服、っていう、癖をつけちゃうと、
    美味しいとは思わなくても、
    吸わずにいられなくなるんだな(泣)

    糸井(重里)さんの偉大さが、しみじみとわかった。

    あたしも、
    「おっぱい理論」
    に代わる強いメソッドを打ち立てなくちゃいけなかったのだ。

    「おっぱい理論」とは・・・。

    まず、タバコを、「おっぱい」だと考える。
    つまり、「タバコ=おっぱい」

    禁煙中、吸いたくて吸いたくてたまらないとき、
    「1本ぐらい、吸ってもいいんじゃない?」
    という、ささやき声が聞こえてくる。
    「いや、がまん、がまん!」と、それを我慢して、
    禁煙そのものが珍しくなくなったころ、
    ささやき声はこう変化する。
    「ちょっと吸うくらい大丈夫だよ。
    いままでだってがまんできたんだから」

    と。

    そんなときに、有効なのが「おっぱい理論」なのだという。

    糸井さん曰く。

    もしもあなたが、女性のおっぱいを
    ちゅうちゅう吸いたくなったとき、
    「ほんのちょっとだけ吸う」が許されますか?
    ダメでしょう? 往来でやったら犯罪でしょう?
    そのときの罪は、ちょっと吸っても、
    ずっと吸っても同罪じゃないですか。
    「すいません、ちょっとだけなんで、おっぱい吸わせてください」
    って言えますか?
    だめでしょう? セクハラでしょう?
    ちょっと吸っても、それは犯罪です。
    ちょっとならいいかという理屈は成り立ちません!

    わかりやすくまとめると、
    「おっぱいを、ちょっと吸う」ことはありえない!
    タバコもしかり!


    ということだそうだ(笑)

    「誰も見てない深夜の1本のタバコを
    なんでオレはこんなに必死にがまんしてるんだ?」

    っていうときのための、「おっぱい理論」

    禁煙がある程度安定して、
    「逆に、吸っても平気じゃん?」みたいになって、
    考えがぐらぐらしているときの、
    バカみたいにわかりやすいとしての「おっぱい理論」

    「女性は女性なりに、
    なにかに置き換えてください。」


    とのことだったのだが、
    あたしには、おっぱい理論に代わる強力な理論がないままに、
    始めてしまったため、
    「みんなに宣言して始めちゃったから、
    すぐに挫折したらかっこわるい」

    というモチベーションは、
    3週間にして、
    「こんなに仕事してるんだから!
    慣れない研修で疲れてるんだから!」

    という言い訳に、敗北してしまったのである。

    でも、完全に本数がリバウンドする前に、
    もう一度、自分を叱咤激励して、禁煙は続けたい。

    いまなら、まだ、ダメージは少ない、って思いたいよ。

    今、手元にある煙草(半箱)がなくなったら、
    もう一度、挑戦してみる。

    禁煙日記<6月20日〜ぐらぐらの22日目>

    • 2011.06.20 Monday
    • 23:38
    あわわわわ。

    突然だけど、
    明日から、バイト生活スタートだ!

    金曜日に面接のダブルヘッダーで魂が抜け、
    頑張りすぎて、もう結果については、
    どうでもいいや状態
    にまでなってしまっていたのだが、
    朝っぱらから、電話。

    試験がめったやたらと難しく、
    やれるだけはやったけど、
    どの程度できてればOKなのかイマイチわかんなかった方の会社から、
    いきなり、
    「採用ですので、明日、入社手続きを」
    と言われ、
    具体的な持ち物などをまくしたてられて、
    断る余裕なし。

    条件があまりにいいから、
    仕事内容が複雑なのが察せられ、
    ちょっと、動揺。

    本当は、
    1、2ヵ月の短期バイト
         ↓
       ちょいと休憩
         ↓
    お金なくなったら、また短期


    みたいな感じで、
    本業メインで暮らせたらいいなあ、
    と思ってたけど、
    東日本大震災の影響をモロに受けて、売り上げかなり減ってるし、
    ここは、長期安定収入を狙いに行くオレである。

    最初は、
    「短期の方で」
    とほぼ決めてたんだが、
    ここは電車は1本とはいえ、
    家から最寄り駅、降車駅から勤務先の距離が相当あって、
    いくら慣れても45分は切れないだろう。

    今までの経験から、
    通勤時間が長いと、
    仕事がつらかったり、人間関係でトラブルあったときに、
    ふんばれない。

    明日から行くとこは、
    余裕をもって20分。
    慣れたらもうちょい短縮できそう。

    ま、この選択がどう転ぶか、まだわかんないし、
    かなりフルタイムに近い勤務形態なんで、
    店との両立が難しくて、ギブアップしちゃうかもしれないけど、
    とにかく始めてみないと、
    何が自分にとって、いいやり方なのかさえ、わからないから、
    試してみる。

    問題は、煙草だよー(泣)

    「明日から、いきなり仕事」
    だと思うと、ものすごく緊張して、
    週末は、疲れと酒の連合軍の誘惑をどうにかこうにか退けたのに、
    そんなことさえ、
    「もう、どうでもいい」
    と思うくらい、
    この緊張感から解放されたかった。
    必死に耐えたけど。

    正直言って、いまも気が狂いそうだ。

    この日記を書いてなければ、
    みんなに公言してなければ、
    絶対、アウトだったな。

    コールセンターは、ストレスが溜まる仕事のせいか、
    結構、喫煙率が高くて、
    仕事中はもちろんダメだが、
    オフィスは完全分煙
    休憩時は、立派な空調完備喫煙ルームで、
    人に迷惑をかけずに気兼ねなく吸える、
    というところも多い。
    実は、今度の職場も、そういうとこ。
    同期のメンバーの中に、喫煙者が多かったら、
    「あ、あたしも一緒に(喫煙室に)行く」
    って、きっとなってしまう気がする・・・。

    ニコチンが完全に身体から抜ける、
    と言われている3週間目にして、
    最大のピンチ!?

    ああ。神様。迷えるぺんぎんを救い給え。

    禁煙日記<6月17日〜ぎりぎりの19日目>

    • 2011.06.17 Friday
    • 23:28
    なんとか、副業の面接のダブルヘッダー乗り切った!

    朝は、梅田。

    かなり小さめの新興派遣会社で、
    今後の登録のための書類記入と、
    今回の仕事(お中元の問い合わせ窓口のコールセンター・短期)
    に関する面接。
    さっくり終了。
    条件面では、先方の希望を満たすし、
    一応、即答はないけど、めちゃくちゃ好感触で、
    ここは9割、大丈夫そうだ。
    結果は、休み明けの月曜か火曜。

    午後は、京橋

    OBP(大阪ビジネスパーク)界隈は、
    派遣会社や各社のコールセンターのオフィスが多いところ。
    前に働いてた某大手放送局のコールセンターも近所。

    電話の仕事の業界では、
    知らない人のいない某社。
    名前はもちろん知ってたけど、
    実は、ニアミス続きで、登録は今回が初めて。
    CATVに関する問い合わせの仕事だ。

    面接の予約を取ったときに、
    「だいたい2時間くらいはみておいてください」
    と言われ、
    「正社員の試験並みなんだけど?そんなに難しい仕事?!
    派遣にしては、あまりにもご丁寧じゃね!?」

    と思ったら、
    この仕事は、派遣の方じゃなくて、
    クライアントからの業務委託契約で運営するコールセンターの
    直雇用の仕事だった(汗)

    そっか。 
    パート、アルバイト契約とはいえ、
    高時給、交通費支給、社保完備、
    週4、5日の一日8時間レギュラー勤務、
    びゅりほ♪なオフィス、交通便利ときたら、
    そのくらいするのか。

    ・面接シート(履歴書の内容とほぼ同じ)
    ・職務経歴書
    ・個人情報保護と守秘義務に関する書類
    ・今後の派遣登録のための申込書(希望の条件やスキルの記入)
    ・自分の長所・短所についての作文
    ・アンケート

    をガチで記入した後、
    会社概要の映像を10分ほど視聴。

    その後、パソコンを使って、
    ・ビジネスマナー関係の試験(選択式。約15分)
    ・一般常識・知能テスト(選択式。漢字や算数。約15分)
    ・性格判断(選択式。約15分)
    ・入力試験(数字。テンキーで。2・5分)
    ・入力試験(文章。1分)


    最後に、面接、約10分。
    ま、ほとんどは、先方からの、
    業務内容と欲しい人材、就業条件やスケジュールについての説明と、
    それがこっちにあてはまるか、条件が合うか、
    過去の職歴や応募の動機といったことの確認。

    ここは、長期。
    問い合わせの内容が多岐にわたるから、
    すべてを学習するのに1年はかかり、
    できるだけ長く勤務してくれる人を希望とのこと。
    勉強は好きだし、続けたい、とは思うけど、
    初めから、かなり難しい内容なのがわかっているから、
    もし、受かっちゃったら、どうしよう
    と実はちょっぴり腰が引けた(泣)

    ストレスを溜めやすいタイプのオレには、
    やっぱり短期の方が向いてるかも、
    という思いが頭から離れない。

    テストは全体的に、そこそこできたとは思うけど、
    正社員に近い待遇だし、
    男性や新卒さん、第二新卒の人も狙ってきそうな職場ゆえ、
    非常に応募が多かったらしい。

    ここも、採用の可否は月曜日。
    採用者のみ連絡。

    もう、めちゃくちゃ疲れて、
    帰り道には、
    「うわー、なんか、耳や鼻から、漏れてそう・・・」
    な有り様であった。

    この面接疲れと、
    たまたま、仲のいい友達と、飲みの約束をしていて、
    旨い鉄板焼きの店で、ビール片手に、
    地鶏のもも、ムネ、皮、ずり、ヤゲンの焼いたのやらを、
    柚子胡椒、わさび醤油、にんにく醤油、生姜醤油で食し、
    ポテトや、ひざナンコツの唐揚げやらを、
    ばくばく食べる、
    というシチュエーションに、
    「あああああああ!
    今、ここで、(煙草を)一服したら、
    どれほど至福のひとときだろう」

    と何度も何度も思った。

    もし、連れが、喫煙者だったら、
    絶対アウトだった。
    ふつーに、
    「あ、一本ちょうだい」
    って、もう、銘柄がなんだろうが、
    まずかろうがうまかろうが、
    ニコチンを摂取してたね。

    飲みに行った友達が煙草を吸わない子だったし、
    職場飲み会とかじゃなく、プライベートで、
    会話もはずむ相手だったため、
    どうにかこうにか、気が紛れて、
    事なきを得る

    駅前で連れと別れて、ほろ酔いで帰る途中、
    「あー。いま、そこのコンビニで煙草買って1本だけ吸っても、
    誰にもわからないし、迷惑かけない。」

    という気持ちが、
    脳内の99%を占めるのを、実感するが、
    最後の最後の理性
    を駆使して、
    どうにかこうにか家まで辿り着いた。

    ほんとに、ぎりぎりの19日目。


    May The Force Be With Me!

    禁煙日記<6月16日〜イライラMAX18日目>

    • 2011.06.16 Thursday
    • 23:35
    なんで、こんな時期に禁煙なんぞ始めてしまったんだ!?

    煙草をやめてから、
    禁断症状に苦しみながらも、
    禁煙自体に疑問や後悔を感じたことはなかったんだけど、
    今日だけは、激しく後悔。

    つーか、煙草を吸えないことを、
    心底つらく感じた。

    実は、今週月曜から、
    ガチで「就活WEEK」に入ってて。(副業の)

    ・求人情報誌、求人サイトのチェック
    ・条件登録してあるサイトからの新着情報メールの確認
    ・履歴書、職務経歴書の増産
    ・メールチェック
    ・電話(かける方、かかってくる方、後日の連絡待ち)
    ・派遣登録会の予約、WEBでの仮登録
    ・直雇用の場合、条件の確認と面接の予約
    ・キー入力やビジネスマナー、業界知識などの試験、面接


    なんてことを、かなりの数、同時進行でやってると、
    やっぱり、すごくストレス溜まるぞな・・・。

    就活してると、イヤなこと、てんこ盛りだし(涙)

    だいたい10仕込んで、2つくらいかなあ、モノになるの。

    古本ぺんぎん堂のお客様は、
    本当に、良いお客様ばかりで、
    最近は、仕事であまり嫌な思いはしたことないけど、
    就活始めた途端に、世間の荒波、ひしひし感じるもんな(笑)
    ぺんぎんも溺れる海流。

    WEBからエントリー(応募)したのが、10件として、
    1件くらいは完全放置プレイのがあったりする。
    (いい加減な会社なのか、
    四十路ってことで、「あ、いらね」なのか)

    あと、半分は、
    「ご応募ありがとうございます。
    が、すでにうちに(派遣)登録してる人だけで決まってしまいました。
    今回はご紹介できませんが、よければ登録を」

    これは、すごく多い。
    じゃあ、求人載せるなよー。
    まあ、派遣会社は依頼された人数きちっと集めてナンボ、だから、
    もしも、足りなくなってから、募集かけても遅いし、
    しょうがないのはわかるけど・・・。

    あとは、
    「是非、登録(あるいは面接)に来てください」
    なんだが、
    希望の案件について具体的に話をしてみると、
    サイトや求人情報に載ってたのと、
    ・条件などが違う
    ・紛らわしい書き方で思ってたのと食い違いがある

    で、
    こっちから、お断りするケースも多い。

    時給が安いのに、交通費が出なかったり、
    時間は応相談と書いてあったのに、
    先方の希望シフトを飲める人しか面接しない、とか、
    勤務地が選べるはずなのに、選べなかったり、
    高い時給をかかげてるけど、特殊な条件下だけその時給で、
    通常時間帯は実は他所より安かったり。

    そんなこんなで、
    実際、登録や試験、面接に行くのは、2件くらい。

    明日は、午前と午後で、面接や試験のダブルヘッダー

    ま、最初の週で2つ、
    第一希望と第二希望が残ったから、
    よしとしよう、なんだけど、とにかく気が重い。

    緊張とイライラで、煙草が吸いたくてしかたない。

    でも、ここで、これを言い訳に吸ったら、
    全部が無駄になっちゃうんだよな・・・。

    「面接終わったら、ご褒美に1本」
    と、ニコチン大王と自分を、今は騙しておいて(笑)
    明日になったら、もう一度考えよう。
    頑張れ、オレ!

    禁煙日記<6月12日〜気がつけば15日目>

    • 2011.06.12 Sunday
    • 23:32
    禁煙文学館も、毎度毎度ネタがあるわけじゃないから、
    ふつーに禁煙中の愚痴をタレるカテ新設。

    興味ない人はスルーで、よろ。

    禁煙だけでいっぱいいっぱいで、
    「自分で決めたことだから、愚痴は言わない」
    などという、
    ストイックな生き方、ぜってー無理っ!!

    めいっぱい、弱音吐きまくる所存どす。

    ただいま宇宙からの電波受信中っ!!

    「そんなに我慢しないで吸いなさい」
    とかなんとか言ってやがる。

    宇宙人の指令を聞き流せるように、このブログを書いているのだ。

    北川町で、煙草に赤い結晶体(宇宙ケシ)仕込んで、
    (宇宙ケシには他人はすべて敵に見えてくる、
    理性や感情を失い、敵を倒す殺意だけを持つという力がある)
    地球人を狂わせ、自滅させようとした
    のは、


    メトロン星人だが、
    実は、それ以前に、「煙草」自体が、
    別の宇宙人の陰謀だったんじゃないのか?!
    宇宙規模の阿片戦争の再現ではないのか?!

    身体への害だけじゃなく、
    いったん中毒になったらやめるまでのあいだ、ものすごく苦労したり、
    お金がかかったり。
    喫煙者vs.嫌煙者の争いも、
    もしかして織り込み済みだったりして。
    っていうか、
    喫煙者の大量虐殺が起こったり、
    それによって逆に暴動が起こったり、
    が真の目的か!?

    いかーん。
    宇宙人に踊らされては、いかん。


    でも、この苦しさは、いったいどうだ!?

    2週間も我慢したら、
    いい加減、精神的にも肉体的にも、楽になって、
    「あ。もう。煙草吸わなくても全然平気!」
    になるんだと思ってた。

    甘かった・・・。

    正直なとこ、15分に1回くらいは、
    「吸いたいなあ・・・」
    と、ため息が出る。
    1、2時間に1回は、うなり声が出る。
    数時間に1回は、叫び出しそうになる。

    何日経てば、大丈夫。
    ここまで耐えれば大丈夫。
    っていう目安があればいいのに。

    標なき道は遠い。

    やっぱり、細かい数値目標とか、
    ちょっとしたご褒美とか、
    励みになるモノを設定した方がいいかも。


    ところで。
    メトロン星人の背中を見ると、
    たこ焼きが食べたくなるよな。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << April 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM